Home >> - >> スポンサーサイト
Page: 1/2   >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> FXの基礎(実践編) >> FX初心者のトレード方法について

FX初心者のトレード方法について


FX投資であったとしても、株式投資であったとしても
投資期間が短いトレードになればなるほどに
高度なテクニック・知識と経験が必要となってきます。

どういうことかと言いますと、より短期間で勝負するために
相場がある程激動していなければならないからです。

レートや価格が高値圏にある通貨ペアであったり銘柄を選ぶ必要があります。
従って、それらの通貨ペアや銘柄はいつ反落しても不思議ではないのです。
その一方で、中長期投資の場合は下がっている局面の通貨ペアや銘柄を
選ぶことが可能なので、時間は掛かかってしまいますが、
大きく反落する危険は少なくなります。

ですので、一般的には、スキャルピングトレードや
デイトレードは上級者向きとなっていて
スイングトレードは中級者向き
中長期投資は初級者向きとなってきます。

そして、スイングトレードは数日から1〜2週間で決済する
トレード手法を意味していて、メリットとデメリットの
両方を持ち合わせた投資スタイルと言えます。

また、中期ポジショントレードは数ヶ月単位の
ポジションのホールドをするトレードスタイルなので
FX初級者が中長期ポジショントレードする場合には
各通貨ペアの中で3ヶ月〜6ヶ月間の安値と高値を付けている
通貨ペアを狙うとよいいかもしれません。

最後に長期トレードは1年程度のポジション保有を意味していて
現実的には半年〜1年程度のポジションホールドが多くなっているので
決して簡単なトレードとは言えません。

現実的には、中級以上のキャリアの投資家は
中長期ポジショントレードと短期売買を組み合わせて
取引をするパターンが多くなっています。








ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> FXの基礎(実践編) >> スキャルピングとは? (FX 取引方法)

スキャルピングとは? (FX 取引方法)


スキャルピング・トレードは、高いレバレッジを効かせて
薄い利益を短時間の間に狙う方法です。
※レバレッジをきかせて為替差益を大きくするというものです。

思惑通りに相場が動くと短時間で大きな利益を得ることができる反面
予想とは逆に相場が動いてしまうと高レバレッジなので
わずか数秒で損失が膨らんでしまうリスクがあります。

スキャルピングは、相場の動きをリアルタイムで追いかけながら
数秒〜数分単位で1回の取引を終了しますので
パソコンの前でチャートをよくよく確認しながら
チャンスが来たタイミングで判断して決済する必要があります。

デイトレと同様、マネーゲーム的な要素も大きいトレード方法となります。

デモトレードで”分析力”と”感”を鍛えるには・・・

短期売買で勝ち組のFXトレーダーとなるためには
直感や気分に頼ったトレードではなく
少なからず「テクニカル分析ができる」という条件が必要となります。
ですが、外貨投資やFXのビギナーが一般書籍で学習する
というのは時間がかかりますし、なにより実践的ではありません。

そこで推奨したいのが、「デモトレード」です。
デモトレードは、FX会社が提供する仮想口座にて
デモマネーを利用して、実際の取引を体験できるシステムをいいます。
実際の相場を想定した環境で、自分のお金を使わずにFXを体験可能で
実際のトレード感覚を得たり、
FXの失敗パターンを事前に知ることができます。





ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> FXの基礎(実践編) >> デイトレードとは? (FX 取引方法)

デイトレードとは? (FX 取引方法)

 注文を出してから、その反対売買を24時間以内に
終了させる取引方法を「デイトレード」といいます。
「デイトレーディング」の略称で「デイトレ」と呼ばれます。

短時間で利益を確定させるため、1日に何度も売買を行い
ポジションを次の日に持ち越さず、
その日のうちにポジションを決済してしまいます。
この投資方法は、為替差益を狙うための手法ですが
1日の相場変動が大きい場合は、大きな利益を狙うことも
可能ですが、相場がもみ合い状態の場合ではさほど
大きな利益を狙うことは難しいところです。

いわゆるデイトレーダーと呼ばれる人たちは、
1日に何度かトレードして、トータルの収支で
プラスになるような緻密な作戦を立てて
戦略的な売買をしています。

また、デイトレではスワップ狙いをする
場合のような金利差の大きい通貨ペアにこだわらず
比較的値動きの激しい通貨ペアで、数組のポジションを
保有するケースが多いようです。


■デイトレードのポイント

短期売買を成功させるコツは、直感や気分に頼った
トレードは非常に危険だということ。自分なりの損切り
ルールを作って、徹底的にロス(損失)を抑えること。

1回のトレードで大きく利益を上げようとせずに、
コツコツと利益を積み重ねていくことがデイトレード
で勝つための鉄則です。

・儲かりそうな並を見極め、そこで集中的に利益を狙う
・損切りは徹底する潔さを持つこと。逆指値は必須
・手数料などのコストは、シビアな意識を持つ


デイトレにオススメのFX業者

FXでは、取引(売買)する場合に手数料がかかるのが基本ですが
デイトレードの場合は”手数料ゼロ”という外為業者が増えてきています。






ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> FXの基礎(実践編) >> スウィングトレードとは? (FX 取引方法)

スウィングトレードとは? (FX 取引方法)


スウィングトレードは、数日から数週間の期間で、
比較的大きなトレンドに乗って為替差益、
あわよくばスワップポイントも狙う投資方法です。
投資家によっては、中期スタンスの投資を
スイングトレードとして捉えるケースもあり
月単位、年単位でのトータル的な利益を目指す投資となります。

こうした中期スタンスとしてのスイングトレードの場合
デイトレやスキャルピングなどの短期スタンスの投資と
比較すると損切りラインは高めというのが一般的です。

特にスワップポイントも同時に狙う場合は、
損切りラインを高めに設定するため、証拠金は
ある程度余裕持っておかなければなりません。
レバレッジも短期投資とは違い
若干低めに押さえるケースが多いようです。
 

実は、FXで大きく利益を上げている投資家の多くは
数週間〜数ヶ月、あるいは数ヶ月〜1年程度といった
期間のスタンスで取引しているケースが多く
一定レベル以上のテクニカル分析能力がある
ということが共通している点です。



取引口座の使い分け

スウィングトレードは、投資家によって投資期間を
1週間程度で考える場合、1ヶ月単位あるいは、
数ヶ月〜1年以内で考える場合と、
投資スタンスが様々なケースがあります。
 
投資期間によって為替差益狙いなのか、
スワップ金利狙いなのかの違いもあるので
取引通貨やレバレッジの選択も重要となります。

こうした投資スタンスが異なるトレードをする場合には
口座を分けて管理することをお勧めします。






ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> FXの基礎(実践編) >> スワップトレードとは? (FX 取引方法)

スワップトレードとは? (FX 取引方法)

金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買うことによって
生じる金利差益、「スワップ金利」を得ることを目標にすることを
スワップトレードと言います。投資期間は数ヶ月〜1年、
もしくは数年といった中・長期スタンスの投資方法であって
ある程度まとまったお金を資金とし、レバレッジを3〜5倍程度にリスクを押さえ
じっくり利益を狙います。どちらかというと、投資というよりは
預金感覚のトレード方法といえます。現在、高金利のお薦め通貨は
南アフリカランド 、豪ドル、NZドルです。

これは古い話になりますが、70年代の固定相場時代、1ドル=360円
という現代では驚くべき数字の時代がありました。その後、
'85年には1ドル=235円、その後5年足らずで1ドル=120円まで
円高が進んだこと、'95年には市場最高値の1ドル=79円75銭を
記録したこともあります。

円高が急速に進んだのは、「G5(先進5カ国蔵会議)」で
円高に向かうように5カ国が介入する合意(プラザ合意)が
決定されたからです。日本の高度な経済成長によって、
円の価値が高くなった瞬間でした。ですが現在、既に成熟期にある
日本経済が、今後長期にわたって円高の流れが続くということは
とても想像がつきません。これは米ドル、ユーロに関しても言えることだと感じます。

日本政府が公定歩合を引き上げると、当然市場は反応を示し、
一気に円高に転じる可能性はあるものの、現在の経済状況では
その可能性は限りなくゼロですね。スワップポイント狙いの長期保有が、
FXで利益を上げられる確率が高いと言えます。









ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> FXの基礎(実践編) >> IFO(アイエフオー)注文とは? (FXの注文方法)

IFO(アイエフオー)注文とは? (FXの注文方法)

IFO注文(If Done+One Cancels the Other order)

IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法のことを
IFO注文と言います。

最初の新規買い注文を行ったタイミングで
利益確定売り注文と損切りの売り逆指値注文
この2つを同時に注文することが可能です。

どういうことかと言うと
IFO注文をする際に
新規買い・利益確定指値・損切り逆指値
この3つの数値を入力することによって、
あとはほったらかし状態であっても
自動的に望み通りの価格で利益確定もしくは
損切りが執行されることになります。


これが、完全自動売買システムです。




では、IFO注文の例について説明します。


1ドル=110.5円として・・・

1ドル=110円になったら買いの指値注文します。



これが約定すれば・・・

1ドル=113円で売りという指値注文と

1ドル=109円で売りという逆指値注文

という注文を出します。




この場合、為替レートが110円になると買いの指値注文が成約して
自動的に「1ドル=113円で売り」と
「1ドル=109円で売り」の注文が出されるのです。


その後為替レートが113円になれば「1ドル=113円で売り」の注文が成約して
もう1つの「1ドル=109円で売り」の注文はキャンセルされます。


IFO注文は、為替相場を予想して、
自身の希望するポジションの新規注文ができると同時に
それが成約した場合に、2つのシナリオで
決済注文もできるとても便利な注文方法です。





ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> FXの基礎(実践編) >> OCO(オーシーオー)注文とは? (FXの注文方法)

OCO(オーシーオー)注文とは? (FXの注文方法)

 『OCO注文』とは『ワン・キャンセル・ジ・アザー』取引の略称のことを指す言葉です。
別の呼び方では『W指値』であったり『ツウィン指値』と呼ばれることもあります。

これらはどういったものであるかと言いますと
二つの注文を出しておいて、どちらか一方が成立をしたら
その時点でもう一方の注文はキャンセルする設定をしておく
という大変便利な注文方法となります。

ドル高円安・ドル安円高どちらの方向に為替が動いたとしても
両方に対応できる注文を出しておくことが可能となるのです。

また、新規の注文時であったとしても、この手法は
既に注文済みの決済にも適用可能なので利益確定パターンであったり
損切り想定パターンなど、様々なケースへの利用が可能となります。
必要に応じて便利に使える注文方法なので、是非利用しましょう。

「リミット」と「ロスカット」を同時に発注

『確実に利益を確保したい』
『予想に反する結果が出ても、損失は最小限に抑えたい』

こうした考えで取引する場合にはこの方法が最適であると言えます。



OCO注文−新規注文

『どのような結果になっても、とにかく稼ぎたい』

『今はに上昇トレンド中で、まだまだ円安に向かっていくだろう』

ただ、そうはいっても、万が一円高に振れたらどうしよう・・
そういった不安と闘っている方は少なくありません。

ですが、OCO注文であれば、既にポジションを持っていても、注文が可能です。
このケースでは、現在の相場で5円の利益を得られているのですが
決済せずにもう少し様子を見たい場合に、104円で売り注文を出しておくのです。
そうすることで、仮に円高に振れ多場合でも4円の利益が自動的に獲得可能です。

こういった便利な手法がありますので、大いに利用して
リスクといえるリスクは可能な限りとことん省きましょう。
ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> FXの基礎(実践編) >> IDF(アイディーエフ)注文とは? (FXの注文方法)

IDF(アイディーエフ)注文とは? (FXの注文方法)

 売りと買いを同時に発注

「IFD」とは、「イフ・ダン取引」と呼びます。
これを日本語訳すると「もし〜した場合」という意味になります。

最初に注文した取引が成立した場合、その次の取引も予約出来る
という注文方法のことです。IFD注文は、予想どおりに相場が
変動した場合の利益確定や、相場が急激に変動して大きな損失を
負わないための損切りにも有効な手段として利用可能です。

FXを始めたばかりの初心者の方はは、IFDを損切りパターンで
注文しておいた方がリスクコントロールになるので安心です。
注文は、指値でも逆指値でも出すことができます。
二つめの売買注文は、初めの注文が成約しない限り発動されません。

■IFDの基本パターン
基本パターンは、「売り」と「買い」を同時に発注することです。
例えば、現在は1ドルが98円〜99円付近で平行している状態で
ドル高が進んで1ドル=105円まで上がると予測をしたと過程。
そこで、1ドルが100円になったらドルを買うという注文を出して
同時に1ドルが105円になったらドルを売るという注文も出すのです。

100円の買い注文が約定した場合、同時にその反対売買の注文が自動で出されます。


■IFD注文、ロスカット注文
「相場が上昇トレンドになった」そう判断して買いの注文を入れたものの
その後急展開に・・・。このような事態に備えて、損失を予め限定する
「ロスカット注文」が有効とされています。
例えば、1ドル=101円で買いを入れた時に、仮に予測が外れて
1ドル=99円になったら売るという注文をIFDで発注するのです。
この場合は2円の損失が確定しますが、恐ろしいほどのスピードで急落した
場合の損失はとんでもない金額になります。最小限に損失を抑える方法として
「指値買い+逆指値売り」はリスクヘッジに非常に有効です。



■IFD注文−ロスカット、リミット注文
相場が思惑通りに上昇トレンドに乗りました。しかし、相場は生物です。
いつ「下げ戻し」にあい、利益が目減りしたり、もしくは
極端な話、利益がゼロになる可能性さえもあります。
そうした場合に、利益を確定する「リミット注文」が有効です。
1ドル=101円で買って、103円になったら売るという指値注文を
IFDで発注したケースです。予想通りに103円まで上昇した後、
下げ戻しになっても売り注文が自動で約定されますから、2円の利益が確定します。
103円から更に上昇したら?そんなに欲張ってはいけません・・・。








ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> FXの基礎(実践編) >> 逆指値注文 ストップ注文とは? (FXの注文方法)

逆指値注文 ストップ注文とは? (FXの注文方法)

逆指値注文(ストップ注文)について

現在のレートよりも有利なレートを指定する指値注文に対して
逆指値注文では不利なレートを指定する方法のことを指します。

これによって、損失を最小限に食い止めたり、
円安が進むのに合わせて売り注文のレートを切り上げ
利益の額を少しずつ押し上げていくことが可能です。


また、為替相場は基本的に一方向に動くという特徴を持っています。
なので、上昇or下降のどちらかを見定めて、
出遅れることなくトレンドに乗って行けるように、
事前に逆指値で注文を出しておきます。

例えば、レートが99円50銭円〜100円50銭付近にある状態で
101円になったら上昇、逆に99円になった場合は下降トレンドと判断。
その上で、購入もしくは売りの注文を事前に出しておくといったイメージです。

なお、「逆指値」は、「ストップロス注文」とも呼びます。
損失が拡大しないように(ポジション保有時)
リスクヘッジする手法として有効な方法です。

例えば「そろそろ上昇トレンドが来る」と予想をして
それが外れた場合に損失を事前に限定するという手法です。
ロスカット幅は、レバレッジや投資金額によって
御自身の許せる範囲内で決めて設定する必要があります。



★損失を限定する

確実に利益を確保するためには逆指値が有効です。
例えばですが、その方法として「リミット注文」という方法があります。

1ドルを95円で購入後に、現在100円まで上昇した場合。
利益を確実に得たい場合は、98円で売る注文を出しておくことで
仮に急落して1ドル95円に逆戻りしてしまったとしても
3円の利益は確定することになります。

当然、更に上昇する可能性もあるわけですが、
そこは、細かにリミット注文の値をつり上げていけば良いだけです。

何よりも大切なのは「リスク管理」です。
こうった手法を活用するのを渋ると後で痛い目にあいます。
逆にこういった手法をマメに活用させすれば
トータルで負けるということはまずないといってもいいくらいです。










ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> FXの基礎(実践編) >> 指値注文とは? (FXの注文方法)

指値注文とは? (FXの注文方法)

「今の価格から、あと10銭下がったら買いたい」ですとか
「この金額になったら売りたい」。この様なケースでは
『指値注文』を利用します。

指値注文は「売りたい価格と買いたい価格」を指定して
注文する方法のことで、別の呼び方としては『リミットオーダー』
とも呼ばれれている注文方法になります。

相場が円安に進むと予測するなら、現在よりも少し円高なレートで
売り注文を、相場が円高に進むと予想する場合には
現在よりも少し円安なレートで買い注文を出すのが正攻法とされています。



例を上げて説明をしますと・・・

「1ドル=100円50銭〜100円55銭」というレートで取引されている場合に
「1ドル=101円10銭」まで円高が進んだら買いたいというケース。


↓↓↓


この場合、まずは取引画面上において
「1ドル=101円10銭の指値で買い注文」を出しておきます。

そうすると、為替が予想どおりの方向に変動して、
レートが注文した価格に達した際に自動的に売買が成立します。

指値注文は「現在の価格よりもう少し低いレートで買いたい」
もしくは、「現在の価格よりもう少し高いレートで売りたい」
といった場合に、取引を予約しておける便利な注文方法です。



指値注文で注意が必要なポイント

自分の指定した金額で売買できるのが指値注文のメリットでありますが
その反面で、そのレートがその金額に達しなければ
いつまで経っても売買できないことになります。


そうしたケースで考えられるのは、指値注文した値段が
為替レートあまりにもかけ離れていることです。
できるだけその時のレートに近い水準で注文を出すことが、
約定する確率がより高くなるコツですので覚えておきましょう。









ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)

注目のFX教材

⇒ ポール・ジモンのFlash Zone FX

初心者でも使えるFXシステム!!
詳細は下記公式ページで確認できます

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)詳細はこちら

FX、為替の基礎

【FXの基礎(初心者編)】
FXとは?
FXのキモ
FXの証拠金
レバレッジ(てこ)
スワップ金利
取引コストについて

【為替の基礎知識】
外国為替の仕組み
為替レートについて
偽替差損益の仕組み
外貨貯金としてのFX

【FXの基礎(実践編)】
注文のタイミング
損切り、利食い
両建てでリスクを回避
マジンコールとは

【FXの注文方法】
指値注文
逆指値注文
IDF注文
OCO注文
IFO注文

【FXの取引方法】
スワップトレード
スイングトレード
デイトレード
スキャルピング

Search

Category

Sponsored Links