Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> FXの基礎(実践編) >> FX取引でリスクを回避する方法 (両建てについて)

FX取引でリスクを回避する方法 (両建てについて)

両建てとは・・・?

同一業者で、同一の通貨ペアを、買いポジションと売りポジション
両方同時に持つことを『両建て』といいます。


両建ては導入している業者としていない業者に分かれています。
そして、導入している業者は現状極僅かしかありません。

両建てを禁止しているのは、利益と損失が相殺されて
ポジションが無意味になってしまうという理由からです。

両建ては損益ゼロですが、経費は必要となります。
また、両建てがマイナスとなる要因は、以下の通り。

ー蠖料相当金額が二重に必要
BidとAskに差があるので、スプレッドコストが二重に必要
スワップポイントは、差し引きするとマイナスでコスト化する


こうして見てみると、デメリットが目立ちますが
実際にはこの両建てをうまく使うことで
リスク回避の有効な手段となるケースがあります。

そして、両建ては、突然レートが急変した場合の
リスクヘッジとして有効なケースがあります。

例えば、中長期で攻めている買いポジションを保有していて
急激な為替の変動で評価損が発生した場合に
即座に反対売買をしてポジションを閉じるのが定石です。

ですが、実際には損切りをすぐさま実行するのは
気分的になかなかできないところもあるでしょうし
実際には勇気がいることです。

こういった状況で『両建て』を実行するのです。

新規の売りポジションを買いポジションと同額で建てし
レートが元に戻ったらその売りポジションを決済します。
こうすることで、急落した時点以上に損失が膨らむことはありません。

無意味なポジションを建てるよりは、
早めに損切りして新規ポジションを取り直した方が良い
とする方も中にはいますがレート急変のリスクヘッジに
『両建て』は有効な手段であると私は考えます。
ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Trackback

注目のFX教材

⇒ ポール・ジモンのFlash Zone FX

初心者でも使えるFXシステム!!
詳細は下記公式ページで確認できます

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)詳細はこちら

FX、為替の基礎

【FXの基礎(初心者編)】
FXとは?
FXのキモ
FXの証拠金
レバレッジ(てこ)
スワップ金利
取引コストについて

【為替の基礎知識】
外国為替の仕組み
為替レートについて
偽替差損益の仕組み
外貨貯金としてのFX

【FXの基礎(実践編)】
注文のタイミング
損切り、利食い
両建てでリスクを回避
マジンコールとは

【FXの注文方法】
指値注文
逆指値注文
IDF注文
OCO注文
IFO注文

【FXの取引方法】
スワップトレード
スイングトレード
デイトレード
スキャルピング

Search

Category

Sponsored Links