Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> FXの基礎(実践編) >> マジンコールについて (FXのリスク回避)

マジンコールについて (FXのリスク回避)

 ■マージンコールとは?
証拠金の何倍、何十倍もの外貨を取引可能なのがFXの魅力で
同時にリスクでもあります。これは投資家にとっても業者にとっても
同じ事です。FXは証拠金取引なので、取引を維持する為に
一定水準以上の証拠金が口座に入っている事が条件になっているので
ポジションを保有している場合に為替の変動があって、損失が増えると
証拠金(有効証拠金率)が減っていきます。そこで、業者によっては
証拠金を大きく上回るような損失が出ないように「マージンコール」
というルールをとって警告を発します。有効証拠金(維持証拠金率)が
一定割合の%を割り込むと「マージンコール」が発生し、FX会社から
警告通知が来るようになっています。業者によっては「アラーム通知」
「アラームメール」等と呼ぶ場合もあります。

マージンコールへの対策
マージンコールが発動された場合の対処は二通りあります。
一つは、上図の例でいえば追加証拠金(追証)を1万円以上入金して
維持証拠金率を50%以上に回復させること。そうすることで引き続き
取引ができるようになります。二つめは、そのポジションを店仕舞い
してたたんでしまうこと。つまり、取引を完全に終了してしまう事です。
もしも他に複数のポジションを持っていて含み損が発生している場合は
それらを閉じてしまうことにより、維持証拠金率が50%以上まで回復できる
可能性があります。マージンコールは、すべてのFX会社が設けている
ルールではなですが、これ以上損失を拡大しない為の安全装置でもあります。
安易に追証を打つのではなく、レバレッジやポジションの数等、
自身の投資方法が本当に正しいのかをもう一度考えておく必要があります。
こうしたマージンコールは、FX投資への戦略の見直しをするには
良い機会だとも言えます。マージンコールに対して無策状態にしておき、
維持証拠金率が一定の割合(例えば20%)を割った場合は、
『ロスカット・ルール』により、強制的にポジションが閉じられます。
含み損をそれ以上拡大させないために、良心的に損失を限定してくれる
安全装置機能が、強制決済システム『ロスカット・ルール』です。
ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Trackback

注目のFX教材

⇒ ポール・ジモンのFlash Zone FX

初心者でも使えるFXシステム!!
詳細は下記公式ページで確認できます

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)詳細はこちら

FX、為替の基礎

【FXの基礎(初心者編)】
FXとは?
FXのキモ
FXの証拠金
レバレッジ(てこ)
スワップ金利
取引コストについて

【為替の基礎知識】
外国為替の仕組み
為替レートについて
偽替差損益の仕組み
外貨貯金としてのFX

【FXの基礎(実践編)】
注文のタイミング
損切り、利食い
両建てでリスクを回避
マジンコールとは

【FXの注文方法】
指値注文
逆指値注文
IDF注文
OCO注文
IFO注文

【FXの取引方法】
スワップトレード
スイングトレード
デイトレード
スキャルピング

Search

Category

Sponsored Links