Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> FXの基礎(実践編) >> IFO(アイエフオー)注文とは? (FXの注文方法)

IFO(アイエフオー)注文とは? (FXの注文方法)

IFO注文(If Done+One Cancels the Other order)

IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法のことを
IFO注文と言います。

最初の新規買い注文を行ったタイミングで
利益確定売り注文と損切りの売り逆指値注文
この2つを同時に注文することが可能です。

どういうことかと言うと
IFO注文をする際に
新規買い・利益確定指値・損切り逆指値
この3つの数値を入力することによって、
あとはほったらかし状態であっても
自動的に望み通りの価格で利益確定もしくは
損切りが執行されることになります。


これが、完全自動売買システムです。




では、IFO注文の例について説明します。


1ドル=110.5円として・・・

1ドル=110円になったら買いの指値注文します。



これが約定すれば・・・

1ドル=113円で売りという指値注文と

1ドル=109円で売りという逆指値注文

という注文を出します。




この場合、為替レートが110円になると買いの指値注文が成約して
自動的に「1ドル=113円で売り」と
「1ドル=109円で売り」の注文が出されるのです。


その後為替レートが113円になれば「1ドル=113円で売り」の注文が成約して
もう1つの「1ドル=109円で売り」の注文はキャンセルされます。


IFO注文は、為替相場を予想して、
自身の希望するポジションの新規注文ができると同時に
それが成約した場合に、2つのシナリオで
決済注文もできるとても便利な注文方法です。





ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Trackback

注目のFX教材

⇒ ポール・ジモンのFlash Zone FX

初心者でも使えるFXシステム!!
詳細は下記公式ページで確認できます

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)詳細はこちら

FX、為替の基礎

【FXの基礎(初心者編)】
FXとは?
FXのキモ
FXの証拠金
レバレッジ(てこ)
スワップ金利
取引コストについて

【為替の基礎知識】
外国為替の仕組み
為替レートについて
偽替差損益の仕組み
外貨貯金としてのFX

【FXの基礎(実践編)】
注文のタイミング
損切り、利食い
両建てでリスクを回避
マジンコールとは

【FXの注文方法】
指値注文
逆指値注文
IDF注文
OCO注文
IFO注文

【FXの取引方法】
スワップトレード
スイングトレード
デイトレード
スキャルピング

Search

Category

Sponsored Links