Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> FXの基礎(実践編) >> スワップトレードとは? (FX 取引方法)

スワップトレードとは? (FX 取引方法)

金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買うことによって
生じる金利差益、「スワップ金利」を得ることを目標にすることを
スワップトレードと言います。投資期間は数ヶ月〜1年、
もしくは数年といった中・長期スタンスの投資方法であって
ある程度まとまったお金を資金とし、レバレッジを3〜5倍程度にリスクを押さえ
じっくり利益を狙います。どちらかというと、投資というよりは
預金感覚のトレード方法といえます。現在、高金利のお薦め通貨は
南アフリカランド 、豪ドル、NZドルです。

これは古い話になりますが、70年代の固定相場時代、1ドル=360円
という現代では驚くべき数字の時代がありました。その後、
'85年には1ドル=235円、その後5年足らずで1ドル=120円まで
円高が進んだこと、'95年には市場最高値の1ドル=79円75銭を
記録したこともあります。

円高が急速に進んだのは、「G5(先進5カ国蔵会議)」で
円高に向かうように5カ国が介入する合意(プラザ合意)が
決定されたからです。日本の高度な経済成長によって、
円の価値が高くなった瞬間でした。ですが現在、既に成熟期にある
日本経済が、今後長期にわたって円高の流れが続くということは
とても想像がつきません。これは米ドル、ユーロに関しても言えることだと感じます。

日本政府が公定歩合を引き上げると、当然市場は反応を示し、
一気に円高に転じる可能性はあるものの、現在の経済状況では
その可能性は限りなくゼロですね。スワップポイント狙いの長期保有が、
FXで利益を上げられる確率が高いと言えます。









ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:FXの基礎(実践編)
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Trackback

注目のFX教材

⇒ ポール・ジモンのFlash Zone FX

初心者でも使えるFXシステム!!
詳細は下記公式ページで確認できます

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)詳細はこちら

FX、為替の基礎

【FXの基礎(初心者編)】
FXとは?
FXのキモ
FXの証拠金
レバレッジ(てこ)
スワップ金利
取引コストについて

【為替の基礎知識】
外国為替の仕組み
為替レートについて
偽替差損益の仕組み
外貨貯金としてのFX

【FXの基礎(実践編)】
注文のタイミング
損切り、利食い
両建てでリスクを回避
マジンコールとは

【FXの注文方法】
指値注文
逆指値注文
IDF注文
OCO注文
IFO注文

【FXの取引方法】
スワップトレード
スイングトレード
デイトレード
スキャルピング

Search

Category

Sponsored Links