Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 為替の基礎知識 >> 為替レートについて (FX)

為替レートについて (FX)


◆為替レートについて

仮に現在、円相場「1ドル 111円52銭−111円57銭で取引されています」
こういう表示をテレビのニュース等で見かけた事があるかと思います。
最高値と最安値を表示していると誤解されている方も多いようです。
 
この意味は、プライスを提示する側の「売値」と「買値」を示していて、
投資家が1ドルを買うときには<1ドル=111円52銭>、
1ドルを売るときには<1ドル=111円57銭>という意味です

 


◆スプレッド

為替レートの値段が二通りある理由は、売りたい人と買いたい人がいるからに
他なりませんが、為替レートに変動がなくても、上記のようなレートでは売る
時と買う時には1ドル当たり5銭損をする事になります。

また、この様なアスクとビットの差を「スプレッド」と呼びますが、
「2wayプライス」はどちらか一方が変動するのではなく、
常に両方のプライスが変動します。
 
スプレッドは外為業者のマージンのようなもので、投資家から見た場合、
手数料と同様に売買にかかるコストになりますから、FXの取引会社を選ぶ場合には、
手数料の他、スプレッドにも着目する必要があります。

 


◆外為業者選びは2wayプライスもポイント

株の取引をする場合、株価は証券取引所で決まる為、
買うタイミングが同じならば何処の証券会社で買っても同じ価格です。
ですが、為替取引は「相対取引」であるので、
レートは業者がそれぞれ決めています。

2wayプライスを表示していない業者は、
実勢レートに利益を上乗せしていて、
顧客にとって不利なレートを提示している可能性もあります。
 
従って、外為業者を選ぶ場合は2wayプライスを表示している
会社を選ぶ事も重要な選択要素になる事は知っておいた方が良いです。






ジョニー | - | trackbacks(0) | pookmark | category:為替の基礎知識
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Trackback

注目のFX教材

⇒ ポール・ジモンのFlash Zone FX

初心者でも使えるFXシステム!!
詳細は下記公式ページで確認できます

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)詳細はこちら

FX、為替の基礎

【FXの基礎(初心者編)】
FXとは?
FXのキモ
FXの証拠金
レバレッジ(てこ)
スワップ金利
取引コストについて

【為替の基礎知識】
外国為替の仕組み
為替レートについて
偽替差損益の仕組み
外貨貯金としてのFX

【FXの基礎(実践編)】
注文のタイミング
損切り、利食い
両建てでリスクを回避
マジンコールとは

【FXの注文方法】
指値注文
逆指値注文
IDF注文
OCO注文
IFO注文

【FXの取引方法】
スワップトレード
スイングトレード
デイトレード
スキャルピング

Search

Category

Sponsored Links